嵐櫻井翔 港区の実家がパワースポット化 自宅の住所や場所を調べるストーカーの黒い影

      2017/01/22

大人気アイドルグループ嵐の櫻井翔の実家の住所や場所を調べるという行為がネット上で話題になっている。インターネットの登場により10年前までは考えられないほど情報が簡単に手に入るようになっている昨今、芸能人の住所などが流出したり特定すること自体はそれほど難しいことではない。

例えば、お笑いコンビオードリーの春日などは完全に家の住所がばれている。大物芸能人でもそれは例外ではなく、最近では福山雅治の自宅にコンシェルジュが侵入するという異例の事件も起きている。

アイドルが応援されていたはずのファンにナイフでメッタ刺しにされるという事件まで起きる始末で、アイドルとファンの関係性というのはひと昔前の常識とは少し異なってきている。これはひとえに情報が簡単に手に入るようになったからだろう。

スポンサードリンク




ファンの間で嵐櫻井翔の実家がパワースポット化している

嵐ほどの国民的アイドルになるとそのファンの数も莫大な数となる。芸能界でも屈指の力のあるジャニーズ事務所に所属している為、身の危険という心配は今のところないが、最近ファンの間で櫻井の実家がパワースポットかしているというのだ。

櫻井の実家の住所はファンの間ではすでに割れているようで観光地化しているという。連日何人かの女性ファンが押しかけてきては表札を撫でていく。どんなご利益があるのかは定かではないが、一説によると櫻井家の華麗なる一族の恩恵を受ける為であるという説もある。

櫻井家は親・兄弟そろって経歴が華麗過ぎる為、それにあやかろうというファン心理だと考えられる。

櫻井家の華麗なる一族

父・櫻井俊

櫻井家の家族の経歴を見ていくとそれはあまりにも華麗だ。まず父の櫻井俊(62)は総務省官僚であり、東京大学法学部を卒業ののち、郵政省を経て総務省の情報通信国際戦略局長のポストへ。その後は総務省の総務審議官というポジションにまで出世している。分かりやすく簡単に言うと総務省のナンバー2ということになる。

兄弟姉妹も凄すぎる

櫻井翔さんの4歳年下の妹の櫻井舞さんは成城大学を卒業後、日本テレビに入社。

ニュース番組の記者、リポーターとして活躍中です。13歳年下の弟、櫻井修さんは兄と同じ慶應大学経済学部に進学。爽やかラガーマンとして大学生活を満喫中です。

櫻井の港区の実家がパワースポット化しているというのはこのように櫻井一族の経歴があまりにも凄い為だと言えるだろう。

しかし、だからと言って住所を突き止めて自宅に押しかけたりする行動は明らかにご家族に迷惑がかかる行為であり、ファンのモラルの低下だと言える。。

嵐のファンは熱狂的なファンが多く、こうしたファンの中にはストーカーも必ず言って割合でいるものだ。これは世の中の「パレートの法則」という法則があるため、ゼロにすることは不可能なのである。

 現在は実家暮らし?

 ファンの間で櫻井の実家の住所が割れていることは有名だが、当然だが実家に押しかけたところで櫻井本人がいるわけがない。

一部関係者の話によると現在櫻井はホテルに住んでいるとのこと。

このホテル暮らしにはどうやらワケがあるらしく、ニュースキャスターを極める為にホテルに暮らしているという。

櫻井の性格はストイックで高校時代もアイドルと慶応大学付属の学校にアイドルと両立させながら三年間皆勤賞をとったとして知られている。

そのストイックな性格から、ニュースキャスターの仕事を本格化させて極める為に、睡眠時間を削ってまでも夜遅くまで情報収集をして知識をつけているのだという。ホテルに住んでいれば食事も用意されるし洗濯なども全てホテル側が行ってくれる為、勉強以外の余計なことに気をとられることがないのだ。

ちなみにホリエモンこと堀江貴文氏もホテル暮らしをしており、ホテル暮らしは定住するより楽だ、と話している。

さらにホテルに住んでいればセキュリティという観点からみてもマンションよりも安全で厳重だということでヤラカシ対策にもなっている。これによりストーカー被害にあう確率もマンション暮らしよりも軽減はされるのである。

芸能人の場合マンション住まいだと、一度住所を特定されてしまうとわざわざ引っ越したりするのが面倒ということもあり、芸能界でも徐々に定住をやめてホテル暮らしを始めてる人間も年々少しづつ増えてきている。

 

現在ジャニーズの中でもエース格の嵐は今後10年以上に渡って芸能かいで一線級で活躍することが予想される。芸能界は一般の人が思っている以上に精神的なプレッシャーなどがかかる。櫻井にとって実家とは仕事で疲れたら実家に戻って心身をゆっくり休められるような場所であることから、嵐ファンにはモラルを守って応援してほしいというジャニーズ事務所側も願っていることであろう。

 -