シバター ヒカルに洗脳された可能性…「VALUは企業案件でした」

   

モノ申す系YouTuberのシバター氏が、VALUの件で炎上しているヒカル氏に洗脳されてしまったという情報が浮上している。

シバター氏といえば、普段から話題の炎上ネタを動画にし、再生回数を稼ぐという手法でアクセスを集めている。

しかし、今回ヒカルVALU炎上騒動に関しては、シバター氏はまったくと言っていいほど口を閉ざしているのだ。

スポンサードリンク




シバターがヒカルを擁護する理由

8月23日にアップされた動画の中でシバター氏は、ヒカル氏を本格的に擁護する内容の動画を上げた。

この動画の中でシバターによって語られていることを要約すると、実は俺は表に出ていない情報を聞いている。

その情報とは、VALU社から話を振られて一緒にやりましょうと言われていた、つまり、ヒカルはVALU社に裏切られたという内容だ。

この動画を見たユーザーの多くは、シバターがヒカルに洗脳されたという印象を抱き始めた。

ヒカルの洗脳手法

ヒカル氏が行った洗脳手法を先に公開してしまうと、洗脳の基本テクニックである「敵」を作ること。

今回のケースで言えば、VALUという会社自体が「敵」にあたる。

さらに、希少性というテクニックも使われており、「あなただけに特別に…」というものだ。

今回のケースで言えば、誰にも言ってないけどシバターさんにだけ教えます。実は…、という技術だ。

するとなにが起きるかというと、ヒカル氏とシバター氏の間で「信頼」が生まれるのである。

一度「信頼」が築かれると、シバター氏はヒカル氏のことを叩くことはできなくなる。

なぜなら、一貫性の法則というものが働くからだ。

このようなことは、洗脳技術を知っている者からすれば見抜くことはできるが、一般の人間が見抜くことが難しい。

そういったことを踏まえて、改めてシバター氏の動画の内容を見ると分かるが、以前のシバターとはまったく別人になっていることが確認できる。

ちなみに「洗脳」というのは、洗脳されている本人が気づくことは困難とされている。

なぜなら、共通の敵という存在を作り上げているからだ。

共通の敵という存在がいると、信頼関係はさらに強固なものへと変貌する。

ちなみに、洗脳している人に「あなたは洗脳されていますよ」と言ったところで、洗脳を解くことは容易ではない。

そう言ってくる人も「敵」と認識してしまうからだ。

これは、外部から情報を与えることによって、脳の内部表現を書き換えられるからそうなるのだ。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

シバターを批判するファン

もともと、シバター氏が世の中の話題に切り込んでいくスタイルを楽しみにしているファンからは、失望の声が溢れた。

ヒカルVALUの暴落につられ、シバター氏のキャラクターや動画の価値も暴落してしまった。

なお、一部のユーザーは洗脳されていることに気づいている者もいるようだ。


スポンサーリンク

スポンサードリンク

総括

もともと情報商材を売っていて詐欺師と呼ばれているヒカル氏だが、多くの一般層が思っている以上に洗脳技術を体得しているとみられる。

動画を見ている人を洗脳するのは簡単なことだが、リアルの世界で関係性も持つと洗脳はさらにしやすくなるものだ。

おそらく、今後シバター氏がヒカル氏を批判する内容の動画をアップすることは二度とないだろう。

 

パインズニュースのLINE@をお友達登録しておくと、ヒカルVALU炎上騒動の最新ニュースを受け取ることができます。

ヒカルVALU炎上事件の全記事はこちら⇒ヒカルVALU炎上事件

【あなたにおすすめの記事】

Youtubeヒカルチャンネル登録者激減…。高評価率も30%圏へ突入

VAZ代表の井川氏 突然の辞任。ハメられたヒカル氏の揺れ動く「心の内」そして今後の行方

ヒカル氏 金持ちは嘘だということが、あるスポンサー企業の名前で発覚

ヒカル 過去に与沢翼と関与か。Valu炎上事件を受け過去の情報商材仲間との繋がりが明らかに

196c35be3867ca622188abda9155b145

ヒカルValu炎上事件 堀江貴文にも飛び火し本人もコメント

【注目の最新記事】

 - ヒカルVALU炎上事件 ,