ハライチ岩井勇気が嫌い。浅田真央引退グダグダ発言で炎上「酷い、謝れ」という声

   

お笑いコンビ「ハライチ」の澤部ではない方の岩井勇気が、フィギュアスケートの浅田真央の引退に対してコメントし、炎上している。

その結果、ハライチ岩井のことを嫌いだという人間が、信じられないほど激増する結果となっている。

スポンサードリンク




ハライチ岩井が浅田真央に対して実際にした発言

まず、ハライチの澤部ではない方の岩井が、浅田真央に対して実際に言い放った発言は以下の通りだ。

お笑いコンビ「ハライチ」の岩井勇気さん(30)がラジオ番組で、フィギュアスケート選手からの現役引退を発表した浅田真央さん(26)について、「グダグダ辞めていったんだね」と感想を漏らした。

「国民のアイドル」と言われていることについても「何、国民のアイドルって?」と否定したことが大きな話題になっている。

発言への批判はあるものの、意外にも「皆が思ってることを言っただけ」という賛同の声の方が大きいようだ。

メディアの異常ともいえる浅田さんの持ち上げ方にウンザリしている人も多いことが浮き彫りになった。

この発言は、2017年4月14日未明のTBSラジオ番組「ハライチのターン!」で飛び出した。

相方の澤部佑さんが、浅田さんの引退について話を振ると、岩井さんは、

「1回辞めるみたいなことを言ってなかった?グダグダ辞めていったんだね、じゃぁね」

と返した。

あわてた澤部さんが「グダグダ辞めた」事を否定し、「国民のアイドルだよ!」と返すと、

「何、国民のアイドルって?」

と気のない返事をした。

さらにあわてた澤部さんは、そんなことを言うと「炎上」する、と注意したところ、

「しねぇよ、しねぇから言ってんだよ。察してくれよ」

と語った。

しかしこの発言は様々なメディアで取り上げられる事になり、大きな話題に発展した。

ハライチ岩井の、浅田真央に対しての発言を見て分かる通り、ハライチ岩井はかなり過激な発言をしていることがわかる。

ハライチ岩井に対してTwitter攻撃が始まる

ハライチ澤部ではない方の岩井が、浅田真央に対して批判的なコメントをすると、岩井に対して下記のようにTwitter上で一斉に攻撃が始まった。

ハライチ岩井は、まさに集中放火といった状態に追い込まれた。

ラジオで澤部が岩井に「炎上してしまう」と、警告した通りの結果になってしまった。






中堅芸人の間で横行する炎上マーケティングブーム

ハライチ岩井の発言を聞いていると、炎上を全く気にしていないということに気づく。

気にするどころか、自ら火に油を注ぐような態度をとっているように見える人も多いだろう。

最近、キングコング西野や、オリラジ中田は、テレビや自身のブログで「世間と反対の過激な意見」を述べて注目を集める「炎上マーケティング」を行っている。

人の脳は常に刺激を求めており、一定の割合で過激な発言などに影響を受ける者が出るのだが、ハライチ岩井も彼らに影響を受けている可能背が高い。

たとえば、ダウンタウンと言えば多くの芸人から憧れられているが、昔のダウンタウンは過激だった。

過激、故に憧れられるのだ。

つまり、ハライチ岩井は、キンコン西野やオリラジ中田の過激発言に無意識的に憧れ、自らも似た言動に出た可能性が高いということになる。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

炎上マーケティングは諸刃の剣

炎上マーケティングは使い方によっては一気に名乗りを挙げたり、注目を集めたりすることができるのだが、その一方で使い方が難しく「諸刃の剣」という面もあるのだ。

意図的に炎上を起こすのは、ただ単に過激なことを言えば良いというわけではない。

心理学を学び、大衆を意図的にコントロールしないと、自らが燃え尽きて灰となってしまうのである。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

総括

ハライチ岩井の相方である澤部は、バラエティ番組の活躍に加え、最近ではドラマなど俳優業の仕事もちらほら。

危機感を感じた岩井は、一か八かの勝負に出てしまったのかもしれない。

ハライチ岩井のことを嫌いという人が増えるのは必然で、好感度が下がるのも自業自得と言える。

カリスマに成り上がるか、小物のままで終わってしまうのかが見ものだ。

【あなたにおすすめの記事】

オリラジ中田が嫌いな理由【完全まとめ】「何様なの?天狗になりすぎ」という声

【キンコン西野炎上まとめ】嫌いな人が増えた理由「絵本を無料公開したサイトがアフィリまみれ」

 - 嫌いな芸能人