「ごめん、愛してる」の感想「面白い・切ない」という声が圧倒的多数

   

一瞬でもいい。幸せになりたい。

2017年7月9日から始まったドラマ「ごめん、愛してる」を見た視聴者の感想を見ていこう。

主演にTOKIOの長瀬智也、ヒロインに吉岡里帆を迎えた切ないラブストーリーとなっている。

スポンサードリンク




「ごめん、愛してる」を見た視聴者の感想

「ごめん、愛してる」は正統派のラブストーリーというだけに、初回から多くの視聴者の心を動かした模様だ。

ドラマ自体の内容、俳優陣に対してなど、様々な感想が飛び交っている。











スポンサーリンク

スポンサードリンク







韓国版のほうが良いという意見

「ごめん、愛してる」の原作は韓国なので、韓国版のほうが良いという感想も見られた。


面白いという感想

面白いという感想を持つ視聴者からは、毎週見たいという声が上がっており、ドラマとしての出だしは上々と言えそうだ。






つまらない派の意見

一方で、あまり面白くない、つまらないという意見も見られた。


さらに、一部TOKIOのファンからは不満の声も漏れていた。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

総括

切ないラブストーリーという正統派な恋愛ものの内容からして、今後も視聴率は上昇していくのかもしれない。

さらに、坂口健太郎といった人気若手俳優をキャスティングしていることからも、同じことがいえるだろう。

果たして同ドラマの展開は、今後どうなっていくのだろうか。

【あなたにおすすめの記事】

「ごめん、愛してる」の感想「面白い・切ない」という声が圧倒的多数

警視庁いきもの係の感想「おもしろい」が「つまらない」より優勢

【注目の最新記事】

 - ドラマ感想