菅田将暉の演技 「下手」より「上手い」という声が圧倒的に上回る!その演技力は群を抜いている

      2016/12/02

菅田将暉の演技が上手いか下手なのか、実際素人から見るとその判断は意外と難しいものである。

菅田将暉は数々の映画やドラマに出演しており、その演技力には定評があるのだが、役作りには相当ストイックな面があるようで、彼のデビュー時から役者にかけるその熱い想いを振り返っていく。

スポンサードリンク




デビュー作の仮面ライダー

菅田の演技デビュー作は誰もが知るヒーローもの「仮面ライダー」であった。

当時、16歳でデビューを果たした菅田だが、なんと歴代の仮面ライダーの主演で最年少だった。

 

高校時代の春休みには、自身のマネージャーと共に銀座界隈を歩いていた。

近くにたまたま東映の本社があったので、マネージャーと共にアポも取らずに飛び込みで行ってみたという。

するとたまたま仮面ライダーのプロヂューサーがおり、次の日にオーディションがあるという話を聞いた。

ダメもとで受けてみた菅田であったが、ふたを開けてみるとなんと合格どころか主役に抜擢された。

驚きを隠せなかった菅田の姿がそこにはあった。

 

菅田将暉の役作りにかける熱い想い

赤い髪のキャラクターを演じる時に、わざわざ美容院に行き、自らの髪を真っ赤に染めた。

しかも、一度だけでなく、原作のキャラのイメージと合うまで何度も通って髪を染めたという。

 

ある時には、女装する役を演じることもあった。

その時に菅田がしていたのが、まず女性に見えるように筋肉を落とすように努めた。

しかもそれだけではない。

骨盤矯正まで通っていた。

菅田がここまでしてストイックに役作りをするのには、何か深いわけがあると思いがちだが、その理由は意外に単純で、それは「自己満足」だそう。

最高の作品を作りたいという一心で、作品に挑むまでの間に、準備を徹底的に行うのだそう。

人間には自己実現欲というものがある。

彼はそれを追い求めているのかもしれない。

視聴者の感想

実際視聴者の声はどのような感じになっているのだろうか。

2016年春は福山雅治主演の月9ドラマ「ラヴソング」に出演していた。

2016年秋現在は「地味にスゴイ!校閲ガール河野悦子」に石原さとみや本田翼らと共演しているが、Twitterでは菅田将暉の演技力に対して様々な感想が寄せられている。

Twitter上の声










【関連記事】

本田翼 演技がクソ下手「ひどい、わざとらしい」との声続出「地味にスゴイ!校閲ガール」で「バイバイ」越え

菅田将暉 本田翼とエロ過ぎるキスシーンで熱愛、彼女に急展開も。ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」共演で

石原さとみの演技が下手だと話題「いつも同じでワンパターンだしわざとらしい」と視聴者から厳しい声

菅田将暉 熱愛彼女はやはり小松菜奈か。映画共演でキスシーンののち、水面下で熱愛交際の噂飛び交う

石原さとみと菅田将暉 キスシーンから熱愛に発展の可能性。ドラマ撮影現場にて

 - 演技