清水富美加が洗脳された可能性「幸福の科学」に出家で電撃引退の真相

   

ファッションモデルでグラビアアイドルの清水富美加が、芸能界から電撃引退することが発表された。

引退の理由は、幸福の科学という宗教団体に出家し、そちらの活動に専念したいということだ。

あまりにも唐突な引退に、清水富美加は洗脳されているのではないか?という憶測も広がっている。

清水の行動から、実際に彼女が「幸福の科学」から洗脳されているのかどうかを探っていく。

スポンサードリンク




仕事に突然来なくなった清水富美加

スポーツ報知によると、清水富美加は、2017年2月4日の「にじいろジーン」を境に、突然仕事に来なくなってしまったという。

それも、無断でだ。

さらに、事務所が連絡を取ろうとしても、音信不通の状態になってしまったという。

清水は変わらず仕事を続けていたが、同月下旬、2人の弁護士を伴ってマネジャーと面会。

その席で清水は「仕事をやめて幸福の科学に出家します」と宣言。

弁護士も「芸能の仕事と両立できない」と話したという。

本人の意思は固く、マネジャーが説得できる状況ではなかったという。

清水は2月に入っても何事もなかったように仕事を続けていたが、4日の「にじいろジーン」を最後に仕事現場に来なくなった。

事務所は現在まで本人と連絡が取れていない。

仕事の関係者にはキャンセルの理由を「インフルエンザ」などと説明していたが、数日前からスポンサーや出演映画の配給会社などには、本人の引退の意向を伝え、謝罪に出向いている。

清水の、この突拍子のない行動から分かるのは、もう仕事のことなど全くどうでもいいという心境であることが読み取れる。

現在、清水富美加主演の映画を撮影中にも拘わらずだ。

マネージャーは「せめて契約期間中の決まっている仕事はやり遂げてほしい」と説得したが、全く聞く耳を持たなかったという。

仕事のことなんかよりも、「幸福の科学」の活動が第一優先になり、出家のことしか頭にないことがわかる。

公式Twitterを削除

清水富美加は、公式Twitterも削除し、新アカウントも立ち上げて、意味深な謎のツイートを残している。

清水はこの日、事務所公認のツイッターに「このツイートは、すぐに消されちゃうかもしれないので皆さんフォローやスクショなど宜しくお願いします。

来週、ある『宣言』をします」と書き込み、ファンの間で大騒動に。

その後、同アカウントは閉鎖され、清水は新たに個人アカウントを新設。

「色々ありましたし、色々あります。

「100%本人で自由に、ね」「自分の真実くらい、自分で語らせて下さい」などと書き込んだ。

「ある宣言」というものに注目が集まるところだが、いったいどんな宣言が飛び出すのだろうか。

洗脳のメカニズム

洗脳は、相手の見える世界を狭めることから始まる。

情報遮断だ。

家族、友人などは間違っていて、敵だということを教え込む。

これには、マネージャーも含まれる。

そして、脳内の価値観を書き換え、ある一つのものが最も重要だという価値観にしてしまうのだ。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

総括

仕事を投げ出してしまう清水の行動からもわかる通り、洗脳されている可能性はかなり高いのではないかと考えられる。

まずは、清水富美加がする「ある宣言」というものに注目だ。

この記事がよかったら
いいね!で最新情報をお届け ヽ(=´▽`=)ノ

Twitter で

【注目の最新記事】

 - 事件