ラファエル Twitterアカ凍結後、なんj民の目をそらす為にインスタグラマー宣言

   

8月29日の午前、仮面YouTuberのラファエル氏のTwitterアカウントが凍結された。

そんなラファエル氏だが、Twitterアカウントよりも本体のメディアであるYouTubeのアカウントの凍結を心配しているようだ。

スポンサードリンク




順を追って見ていくと

Valu騒動、関西コレクションの騒動でアンチが増えたことにより、アカウント凍結へと追い込まれてしまった。

ラファエル氏は過去に「殺す」などのツイートをしていたため、なんj民によってそのツイートが殺人予告としてTwitter社に通報されたのだ。



永久凍結は二度と…

ちなみに、Twitterで永久凍結されると、別のアカウントを作って作ることも規約で禁止されている。

よって、ラファエル氏は、今後二度とTwitter上で活動できないということになる。

日ごろから煽りツイートを頻繁に行うラファエル氏は、なんj民から攻撃の標的になるのも仕方がないと言えるかもしれない。


インスタグラマー宣言

ラファエル氏はサブアカウントを作っており、サブも凍結させられたらインスタグラマーになるという宣言をしているのだが、これはラファエル氏の「策」であると考えられている。

どんな「策」かというと、本体メディアであるYouTubeチャンネルを凍結に追い込まれないため、なんj民の視線をインスタに向けているということだ。

登録者が160万人近くいるラファエル氏にとって、Twitterアカウントが凍結させられるのは大したダメージではないと思われる。

なぜなら、YouTuberのアカウントさえ生きていれば、動画の中で何度でもTwitterやインスタの宣伝をできるからである。

逆に、YouTubeのアカウントが凍結ということになると、これは大事だ。

同じSNSのフォロワーでも、TwitterのフォロワーとYouTubeのチャンネル登録者数では価値が全く違う。

YouTubeのチャンネル登録者数が最も価値が高いということを認識しているラファエル氏にとって、YouTubeチャンネルのアカウント凍結だけは何としても避けたいところだろう。

その点になんj民が気づかないよう、インスタグラマー宣言をして、標的をインスタグラムに向けさせているという策だ。

しかし、もし万が一なんj民が、ラファエル氏のYouTubeアカウントを凍結に追いやる行動に出たら、ラファエル氏は確実に後が無くなるだろう。

逆に、Twitterのサブアカウントや、インスタのアカウントが凍結されても大したダメージはないとみられる。

全てはYouTube動画のアカウント凍結ということだ。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

総括

会社員を辞めてまだ間もないラファエル氏。

会社を辞めたのは何を隠そうYouTubeで、思いのほか成功したからだ。

もしここでYouTubeアカウントが凍結されるとすれば、ラファエル氏は本当に大変な事態になるだろう。

ちなみに、YouTubeのアカウント凍結はラファエル氏だけでなく、ヒカル氏も真っ先に標的にされることが予想される。

 

パインズニュースのLINE@をお友達登録しておくと、ヒカルVALU炎上騒動の最新ニュースを受け取ることができます。

友だち追加数

ヒカルVALU炎上事件の全記事はこちら⇒ヒカルVALU炎上事件

【あなたにおすすめの記事】

「あなた頭おかしいの?」ヒカルの関コレの対応の酷さに代表も苦笑

ヒカル 関西コレクション中止。ファンから「チケット返金して」の批判相次ぐ

ヒカル なんj民によりYouTubeチャンネルBANに追い込まれる

【最新】ヒカル ツイッターの裏垢「ただのカリスマ」で本音を吐露していることが判明

Youtubeヒカルチャンネル登録者激減…。高評価率も30%圏へ突入

ヒカル氏 金持ちは嘘だということが、あるスポンサー企業の名前で発覚

196c35be3867ca622188abda9155b145

ヒカルValu炎上事件 堀江貴文にも飛び火し本人もコメント

【注目の最新記事】

 - ヒカルVALU炎上事件