マギーが嫌い 不倫後謝罪なし「性格悪すぎでムカつく」の声多く、大炎上。ヒルナンデス降板へ

      2017/01/21

モデルでタレントのマギーが嫌いだという声が急激に増えてきている。

その理由としては、マギーが2017年1月ごろ、週刊誌フライデーに不倫を報じられたからだ。

マギーの熱愛相手はロックバンド『Hi-STANDARD』のギター・横山健だ。

横山は2児の父親ということで、マギーとの熱愛は完全に不倫ということになる。

不倫は、主婦層から最も嫌われる要因のため、マギーの好感度やイメージは急降下というわけだ。

スポンサードリンク




マギー嫌いという声


 

ヒルナンデスに出演したマギーのTwitterが大炎上

マギーは「ヒルナンデス」の月曜日レギュラーを務めているが、横山との不倫騒動に対して何のコメントもないまま、通常通り「ヒルナンデス」に出演した。

これに対して、視聴者やTwitterユーザーが不快感を感じ、マギーに対しての批判や罵詈雑言が飛び交い、マギーのTwitterは大炎上状態となった。

あまりに炎上しすぎたため、「ヒルナンデス」などの番組にもクレームが殺到したり、所属事務所の「レプロ」にもクレームが入っている有様だ。






ヒルナンデス降板の可能性

マギーの「ヒルナンデス」降板の可能性も出てきた。

現在もテレビ局にクレームが殺到しているという。

メイン視聴者が主婦層のため、不倫騒動の真っただ中にいるマギーが、何事もなかったかのような涼しい顔をして出演していることに対して嫌悪感を抱くのは当然といえば当然だろう。

マギーに嫌悪感を抱くのは、もちろん主婦層だけでなく、一般の視聴者まで広くいるだろう。

そのため、「マギーが苦手」「マギーがウザい」「マギーがTV出てるの見るとイラつく」という意見も多くなり、完全に嫌われ者状態になっている。

この状態でTVに出演し続けると、スポンサー企業に直接クレームを入れる人間も出てくることが考えられる。

TV局だけならまだしも、スポンサー側にまでクレームが入ると、「ヒルナンデス」は降板せざるを得なくなるのは必然で、降板回避は避けられなくなるだろう。

謝罪は今後も無しか

マギーは、今後も横山との不倫に関して謝罪はしないのかどうか、視聴者の注目が集まるところだ。

ちょうど1年前の現在は、ベッキーとゲス川谷の不倫騒動があり、ベッキーは謝罪会見を行っている。

しかし、今回のマギーは謝罪会見どころか、謝罪のコメントすら出していない、まさに「もみ消し」状態だ。

マギー嫌いの急加速と批判の要因は、この部分にあるといえる。

さらに、ベッキーの場合は大好きなTV活動を半年間休止したのに対し、マギーの場合は「不倫スルー」で何食わぬ顔でTV出演というところが、視聴者の逆鱗に触れているのではないか。

現在、完全にダンマリを決め込んでいるマギーだが、今はおそらく「様子見」といったところだろう。

批判やクレームがどの程度かを判断し、逃げ切れそうなのであれば沈黙を継続し逃げ切り、逃げ切り不可能と判断すれば「謝罪会見」を開いて正式に謝罪することになるだろう。

TVでマギーの不倫が全く報道されないのはなぜか

TVでマギーの不倫騒動は全く報道されない。

それだけでなく、フライデーは「不倫」ではなく「熱愛」という報じ方をしている。

ロンドンブーツの敦も、これに対して静かにツッコミを入れている。

マギーの不倫がTVやスポーツ紙で全く報道されない理由は、マギーの所属事務所であるレプロエンタテイメントが、TV局サイドに圧力をかけているためだと言われている。

以下、ライブドアニュースより引用。

全ては、マギーが所属するレプロエンタテインメントの“圧力”によるものでしょう。

今回報じられたのは、れっきとした不倫であり、各社とも、後追い報道をすべくレプロに取材をかけたのですが、全社とも即返り討ちにあってしまった。

紙媒体は、同所属タレントの取材現場への出禁をチラつかされ、テレビ局は、同じくタレントの出演を見送らせるなどと言われ、後追い報道を断念したそう。

各社とも、言いくるめられてしまったわけです。

レプロはタレントのスキャンダル報道があった場合、最終的に、役職付きのベテランスタッフが、各社に乗り込んで、報道を食い止めようとすることでも有名だといいます」(週刊誌記者)

レプロ関係者は、各マスコミにこうした圧力をかけつつ、「不倫って書かれたらどうなるかわかるでしょ!」と泣きつき、後追い報道の“封殺”に成功したようだ。

しかし、昨年、ゲスの極み乙女。川谷絵音との不倫騒動を起こしたベッキー所属のサンミュージックプロダクションは、どれだけ窮地に陥ったとしても、「このような理不尽な対応は行わなかった」(同)そうだ。

こうした圧力をかければかけるほど、マスコミ各社から嫌われ、最終的には自分たちの首を絞めることになると、サンミュージックは知っていたのでしょう。

引用:ライブドアニュース「マギーと横山健、不倫ではなく熱愛と強調される理由 事務所が圧力か」

2016年年末に文春によって報じられた嵐・松本潤の二股疑惑もTVで全く報道されなかったが、こうした背景にあるのは基本的には全て事務所の「闇」の圧力によるものだと考えて間違いないだろう。

今回のマギーの不倫がTVで扱われない件も、レプロエンタテイメントの圧力とみて間違いなさそうだ。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

性格がきついのは真実か

マギーは気が強そうな性格で、あまり性格が良くなさそうと思われていたようだが、今回の不倫騒動、そして謝罪なしのスルーで「ヒルナンデス」などのTV番組に出演したことがきっかけとなり「マギーは完全に性格が悪すぎる女だ」というレッテルが貼られてしまった。

それにより、TVから消えろなどの声も相次いでいる。



総括

2年連続で年明けにハーフタレントの不倫騒動でざわついているが、今後マギーの活動はどうなっていくかに注目だ。

今後も「無言」を貫き通すのか、はたまた「謝罪」をするのか…。

マギーと事務所の対応によっては、今後マギーがTVの世界から消える可能性も0ではないだろう。

 

【注目の記事】

【ゲス】マギー 横山健の二股騒動をもみ消して炎上「嫌いすぎる、TVに出すな」の辛辣批判

 

【あなたにおすすめの記事】

ベッキー嫌いが加速「顔見たくない、苦手」の声 嘘つきな性格が好感度と信用を失う

ローラが嫌いというか苦手「裏の悪い性格」が垣間見えるレアなエピソード

ゲス川谷が嫌いすぎる!【最低伝説まとめ】ほのかりんとの結婚まで

伊野尾慧 二股事件で嫌いになる人が続出…どころか、逆に好感度を上げた王子様

 - 嫌いな芸能人