「松本潤の浮気相手」と文春が報じた葵つかさに「売名行為」と嫌な噂が浮上

      2017/01/11

2016年12月28日、嵐・松本潤の浮気相手として週刊文春が報じた女性は、セクシー女優の葵つかさだった。

この文春の報じた松潤の二股騒動に激怒した嵐ファンの間で、葵つかさは売名目的で松本潤に近づいたのではないかという噂が浮上しはじめている。

スポンサードリンク




葵つかさの知名度

まず、今回の松潤の二股疑惑が報じられて、嵐ファンや世間が一番最初に気になったのは「浮気相手が誰か」ということだろう。

そして、たどり着いた名前は「葵つかさ」だった。

葵つかさの名前を聞いて、彼女のことを「知っている」と思った人はどのくらいいたのだろうか。

葵つかさはテレビ東京の深夜番組「恵比寿マスカッツ」に出演しているがそれほど知名度は高くない。

セクシービデオ業界でもそれほど知名度が高いとは言えないだろう。

セクシー女優 戦国時代

現在のセクシー女優業界は昔と違い、新人が次から次へと出てくる。

そのため、相当目立っていないと、どんどん埋もれていってしまうという状況だ。

その証拠に、最近ではセクシー女優が地上波の番組に、普通に出演するようになってきているのだ。

そうやって、少しでも自分という存在を知ってもらうための活動をした者が勝つシステムになっているのである。

売名行為もありえる

そのことを考えると、葵つかさが松潤に売名目的で近づいたというのもうなずける。

さらに、売名疑惑を裏付けるエピソードとしてこんな話がある。

以下は、日刊ゲンダイからの引用だが、「恵比寿マスカッツ」のあるコーナーで、セクシー女優の明日花キララが放った言葉にその真意が隠されている。

この日は、番組リーダーを務める明日花に対し、ほかの出演者が日ごろの不満をマイクパフォーマンスでぶつけるコーナーを放送。

明日花が怒らなければゲームクリアとなるが、怒ってしまった場合は挑戦者もしくはその身代わりが、罰として明日花から秘密を暴露されてしまうというルールだった。

 葵はこのゲームには参加していなかったものの、ほかの出演者の挑戦が失敗したため、身代わりとして秘密を暴露されるハメに。

その葵が明日花から浴びせられたのは、「お前も毎晩芸能人とキメこんどるよな!」というひと言だった。

引用:日刊ゲンダイ「嵐・松本潤&葵つかさを暗示? 明日花キララの“爆弾発言”」

この文章を読んで何か気づいただろうか。

もし葵つかさが松潤と本気で熱愛している場合、世間には絶対にバレたくないと思うはずだ。

そのため、明日花キララの口から「お前も毎晩芸能人とキメこんどるよな!」という爆弾発言が飛び出すことはないはず。

それがたとえ番組を面白くするためであったとしても、そんなタブーな発言はしない、いや、葵つかさがさせないはずなのだ。

本当に言ってほしくないことであれば、松潤との交際は事前に極秘ということを伝えているはずで、そんなに危なっかしい発言はしないだろう。

なぜなら、葵つかさが付き合っている芸能人は誰かと問い詰められてしまうと、少なからず情報が漏れる可能性が高まるからだ。

しかし、明日花キララが平気で「お前も毎晩芸能人とキメこんどるよな!」という爆弾発言をしたのは、葵つかさが明日花キララに対して「松潤との交際をなんとなくほのめかすように言って」という根回しがあったのかもしれない。

実際に根回しがあったのかどうかはわからないが、葵つかさが黙認していた可能性は否定できない。

松潤と交際していれば、いずれ熱愛が発覚し、情報が世間に出るのは時間の問題だということは誰でも想像できる。

それを計算した葵つかさはシナリオを描き、売名戦略に打って出たのかもしれない。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

炎上でも売名効果は高い

松潤が二股浮気をしている、しかも相手はセクシー女優というインパクトを考えると、大炎上するのは当然のこと。

炎上するとあまりよくないと考えがちだが、炎上でも広告宣伝効果は高いのだ。

例を挙げると、ゲスの極み乙女の川谷絵音とベッキーの不倫騒動が分かりやすいだろう。

川谷の場合、炎上や売名目的でベッキーと交際をしていたのかは分からないが、結果として「ゲスの極み乙女」の名は全国に轟き、一躍有名になってしまった。

しかも、ワイドショーで毎日のようにCD音源が使われるため、TV視聴者は嫌でもゲスの極み乙女の曲を耳にすることになる。

それがサブリミナル効果にもなるので、知名度と売り上げのどちらもUPするというカラクリだ。

葵つかさの場合

さて、それでは今回の文春砲による松潤と葵つかさの二股騒動で、葵つかさはどれほど「得」をしているのだろうか。

まず知名度が一気に全国レベルに引き上げられたのは間違いない。

そして、葵つかさの本業であるセクシービデオの売り上げだが、間違いなく売り上げも上がっているだろう。

今はネットで簡単に動画を見ることができる時代なので、今まで興味が無かった人も「どんなものか?」という興味本位で見たくなる人もいるはずだ。

総括

一部で噂が浮上している葵つかさの売名戦略だが、こう考えると真実味があるものである。

売名が目的だった場合、葵つかさにしてみれば松本潤と破局するかどうかはほぼ関係なくなる。

週刊誌に記事が出た時点で、売名は成功となるからだ。

ただ、葵つかさの売名戦略というのはあくまで噂であり、真実かどうかは定かではない。

 

「松本潤と葵つかさ」の文春砲第2弾が放たれた。

パインズニュースの見解を見たい方は以下の記事を参照。

 

【この記事の続報(最新)】

松本潤&葵つかさの文春砲第2弾が不発。記事内容が弱すぎて話題にならず

 

【この記事の続報】

松本潤と葵つかさは破局済みの可能性。彼女とはその後「闇」の力で何も無かったことに…

松本潤 文春の二股疑惑がガセの理由は不自然な疑問の連続。本当にゲス最低なのは週刊文春

 

【あなたにおすすめの記事】

【最新】松本潤&井上真央 年明けにも結婚でファンから涙涙の祝福の声

松本潤&井上真央「お揃いスマホケース」に隠された海よりも深い意味。欲しいの声相次ぎ、品切れに…

嵐・松本潤 井上真央との交際破局で結婚は白紙に「複雑です…。」事務所独立の理由は?

この記事がよかったら
いいね!で最新情報をお届け ヽ(=´▽`=)ノ

Twitter で

【注目の最新記事】

 - , 熱愛