ヒカル「ニュースWBS」でモザイク。犯罪者扱いされた裏には検察の影で事態は一変か

   

2017年8月21日、テレビ東京系の経済ニュース番組「WBS」にて、VALUでインサイダー取引疑惑がかかるYouTuberのヒカル氏が取り上げられた。

番組内では、VALUのことが中心として取り上げられたが、その中でヒカル氏が登場。

ただ、ヒカル氏の顔にはモザイクがかけられており、まるで犯罪者のような扱いをされていた。



スポンサードリンク




なぜモザイクなのか

日本では、罪を犯した犯罪者にはモザイクをかける義務が生じることになっている。

容疑者の場合でも同様で、モザイクがかかっているということは、ヒカル氏は少なくとも容疑がかかっている状態ということになるだろう。

安心していたヒカル氏

VALUは生まれたてのサービスのため、いまだ法律が追い付いていないのが現状だ。

よって、株価操作やインサイダー取引などを行っても、法律に抵触することはない、という風にヒカル氏は捉えていた可能性が高い。

ヒカル氏は、VALUで自らの株価を吊り上げたのち全VALUを売り払ったわけだが、事前に法律の専門家などに相談して、現在の法律ならば問題がないことを徹底的に確認したのだろう。

それが、Twitter上でアンチを煽ったり、余裕の発言をできることに繋がっていると考えられる。

しかし、ここに来て事態が一変し始めている。

ニュースでモザイクがかかるというのは、テレビ局側がそういう判断をしたということになるわけだが、それななぜなのか?

それは、警察や検察から、テレビ局側に事前に容疑がかかっているという情報が流れている可能性が高い。

そうでなければ、テレビ局側が人物にモザイクをかける必要は生じないからである。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

総括

YouTubeで日本一になるのが目標と公言しているヒカル氏だが、今回のVALU件で、その夢が断念になる可能性が出てきてしまった。

当初、法律の専門家と相談して問題ない、はずであったヒカル氏だが、国が本気で動き検察も動くと逮捕につながるケースがあるのだ。

それは、ホリエモンこと堀江貴文氏が以前、逮捕されてしまったという歴史を振り返れば明らかだろう。

なんj民などから嫌がらせを受けても余裕爵爵だったヒカル氏だが、検察が動くとなると、事態は一変する可能性が高く、今後も引き続き動画をアップできるかどうかに注目だ。

【あなたにおすすめの記事】

ラファエルが最も嫌がる行為が話題。仮面をかぶり素顔を隠す闇の理由…

ラファエル嫌いが加速。札束レンタル発覚で金持ちブランディング崩れる

ヒカル ファンからも「嫌い」の声…。交流イベントvazmart不参加が原因か

ヒカル 過去に与沢翼と関与か。Valu炎上事件を受け過去の情報商材仲間との繋がりが明らかに

ヒカルValu炎上事件 堀江貴文にも飛び火し本人もコメント

ヒカル「人生で2番目に辛い…」と疲れた口調で本音。シバター動画の中で語ったヤクザに追われた過去

ヒカルを操る真の黒幕はラファエルの可能性が浮上。炎上後も1億円写真でアンチを煽り続け火に油を注ぐ

ヒカルの「コーラン燃やす動画」でイスラム過激派からコンタクトがあったのは真実か

この記事がよかったら
いいね!で最新情報をお届け ヽ(=´▽`=)ノ

Twitter で

【注目の最新記事】

 - ヒカルVALU炎上事件