ドゥラメンテ電撃引退!原因は左前肢ハ行 今後は種牡馬として・・凱旋門賞の夢散りデムーロ無念

   

2016年6月29日サンデーレーシング代表の吉田俊介氏から現役最強場ドゥラメンテの電撃引退が発表された。

ドゥラメンテは宝塚記念出走後、ゴール前でバランスを崩して左前足を痛めた。

レース後は一歩も歩けないほど痛みを抱えており、馬運車に運ばれて阪神競馬場のターフを後にした。

主戦ジョッキーであるデムーロはいつもは明るく陽気な表情を見せているのだが、この日、レース後はドゥラメンテの背中から降り、終始うつむいたまま歩いてターフを背にした。

取材陣のインタビューにも答えることができないほど落ち込んだ彼の表情はいまだかつて見たことがない。

そんなデムーロの表情を見て、ファンも何か不吉な予感を感じていただろう。

蓋を開けてみれば競争能力喪失・・・

獣医から左前脚ハ行の診断が下され、まさかの電撃引退ということになってしまった。

スポンサードリンク




左前脚ハ行とは

馬の歩様に異常があること。

大抵はレントゲンを取って、骨折や屈腱炎が発症していないか調べる。
コズミなどが原因の場合もある。

ファンから惜しまれる声

現役最強馬として今秋は世界の最高峰レース凱旋門賞が控えていた同馬だけに、ファンからは惜しまれる声が続出している。

ドゥラメンテはまだ4歳。

競走馬で4歳というのは一番脂がのっていて走り時の時期だ。

3歳の頃ダービーを制覇した時には三冠も期待されたが、その時もケガであえなく断念。

今年の中山記念で復活Vを飾ったドゥラメンテだったので、今後の活躍に期待を寄せていたファンは相当多かっただろうが、ここにきてまさかの引退ということになった。

ドゥラメンテについて、サンデーレーシング代表の吉田俊介氏は以下のようにコメントしている。

「レース直後に馬運車に乗せられた時、予後不良という最悪の事態も想定しました。競走馬としては無理だけど、種牡馬にするメドは立ちました。素晴らしい血統で種牡馬入りは義務だと思っていました。まだ痛みがあるので、ノーザンファームしがらきで様子を見ることになると思います」

 

今後は種牡馬として

残念ながらターフを去ることになってしまったドゥラメンテだが、ノーザンファームしがらきへ放牧へ出され、そのまま種牡馬入りすることになっている。

ドゥラメンテは血統的に父・キングカメハメハ、母・アドマイヤグルーヴとどちらもG1を勝っている親を持ち、超がつくほど良い血統だ。

その為、ドゥラメンテの子供たちに凱旋門賞制覇の夢が託されることになった。

今後の最強馬は

現在の競馬界で現役最強と称されていたドゥラメンテだが、今後は同馬の代わりにどの馬が中央競馬の中心となっていくかが注目される。

 

 

 - スポーツ