ベッキー嫌いが加速「顔見たくない」の声 嘘つきな性格が好感度と信用を失う

      2017/01/23

2016年年末あたりからベッキーがTVに復帰しているが、嫌いだという声が相次いでいるようだ。

ちらほら地上波のバラエティー番組に出演しているベッキーだが、TV復帰に歓喜する声がある一方で、やはり一定層からは嫌われている模様。

性格が悪いと問題視されることもあり、ネット上では「ウザい」「苦手」「もうテレビに出すな」など、実に様々な声が寄せられている。

スポンサードリンク




「ベッキーの顔を見ると不快になる」の声

嫌われる理由「裏表のある嘘つきな性格」

ベッキーが嫌われる理由は「裏表のある性格」が露呈したことだろう。

不倫ももちろん良いことではないが、それに加えて流出したLINEの「センテンススプリング!」がベッキー嫌いの一番の要因ではないだろうか。

不倫だけでいうと、2016年は数多くの芸能人の不倫問題が発覚しているが、ベッキー以外のタレントは謹慎までの騒ぎにはなっていない。

そう考えるとやはり「裏表のある嘘つきな性格」が嫌われた要因なのだろう。

実際、視聴者の声を見ると「ベッキー嘘つき」というコメントが多くみられる。


しかも「優等生キャラであるベッキーが…」という点も、より嫌悪感を抱かせる要因だといえる。

さらに、ワイドナショーなどのコメンテーター側の席に座っているということも、問題なのかもしれない。

視聴者からは、「不倫やLINEの問題が、まるでなかったかのような振る舞いだ」という意見も聞こえてくる。

あとは、ベッキーの明るくテンションが高い姿を見ると「年が明けたからリセットだよ」というように映るのだろう。

こういったベッキーの裏表のある性格が感じ悪いとなり、ベッキーの顔を見ると不快という感想に繋がっているのかもしれない。


スポンサーリンク

スポンサードリンク

「帰れま10」でサプライズ復帰

2016年12月28日の「帰れま10」の放送でサプライズ復帰したベッキー。

【12月28日】タレントのベッキーが、28日放送のバラエティー番組「朝昼夜帰れま10トライアスロン」(テレビ朝日系/夜7時より放送中)に出演中。

事前告知なしのサプライズゲストとして登場し、視聴者から大きな反響を呼んでいる。

お店の全メニューの中の1位から10位までの人気メニュー上位10品を予想し、当てきるまで注文したメニューを全て完食しなければいけない同番組。

今回は朝ご飯、ランチ、夕食と1日に3回の帰れま10に挑む新たな挑戦となった。

夜の「一軒め酒場」のロケ冒頭、お笑いタレントのカンニング竹山が「どうしても個人的にテレビに出したい後輩がいる」と後輩を連れてきたことを報告。

ベッキーが現れ、「サンミュージック所属、ベッキー32歳です!宜しくお願いします!」と新人のように勢い良く挨拶するとタカアンドトシらメンバーは驚きながらも拍手で出迎えた。

引用:モデルプレス『ベッキー「帰れま10」にサプライズ出演で視聴者騒然 「謝って」無茶振りにも対応』

「帰れま10」を見た視聴者の感想

ワイドナショー元旦SPに出演

「帰れま10」に続いて、ベッキーは2017年のワイドナショー元旦SPにもゲストとして、乙武洋匡と共に出演した。

復帰直後なのに、なぜか強気な態度のベッキー

司会の東野幸治に対して「私をビジネスに使わないで」などの発言し、東野幸治がベッキーに対して土下座する光景も番組内で見られた。

さらに、共演したウエンツ瑛士がベッキーに対し「もうそろそろ俺を頼れ」と言うと、真顔で「断る」と一言。

ウエンツ「(昔は)ハーフでバラエティには他にいなかったわけですよ。一緒に引っ張ってきたっていう自負もあって、仕事の話とかもいっぱいしたわけじゃない。今年はもうちょっとオレを頼れ」

ベッキー「断る」

意外なまでに強気な言動を繰り返すベッキーに対し、「なんでこんなに強気な態度なの?」と不快感を覚えた視聴者がいたようだ。

「黒柳徹子になりたい」発言が炎上

ベッキーが芸能界における理想を聞かれると「黒柳徹子さん」と語った。

黒柳徹子といえば、生きいるテレビ史といわれるほどテレビに人生を捧げてきたことで有名な人物だ。

それに加え、ユニセフ親善大使や、パンダ保護、社会福祉法人「トット募金」など、多くの社会貢献に協力している。

そんな偉大な人物として知られる黒柳徹子を理想としてベッキーに対し、とあるTV局スタッフは怒りを通り越してあきれ返っていたという。

黒柳徹子を理想だと思っているのはベッキーの自由だが、問題なのは、そのような発言を易々と口にしてしまうところなのだろう。

「ワイドナショー」を見た視聴者の感想

モシモノふたり

2017年1月11日に放送されたフジテレビ系「モシモノふたり」に出演したベッキー。

VTRでは妹のジェシカと「謹慎中はなにをしていたのか」などについて語られた。

「怪しいと思われてもいいの。バレなければ」

ジェシカと車で公園に向かったベッキーは、普段変装する時どうしているかという話題になった。

帽子を被ってマフラーをぐるぐる巻きにして「100%変装モードの姿はこんな感じ」と話すベッキー。

ここまでは問題なかったのだが、その後に放った一言が微妙だった。

「いいの、怪しいと思われても、バレなければ」

ベッキーの好感度を下げないためには、こういう発言はカットした方がいいのでは?と思うようなシーンだ。

視聴者というのは小さな言動の一つ一つに敏感なものだ。

「バレなければ良い」というマイナスのキーワードは控えたほうが良いと言える。

恋愛トークを披露

妹から恋愛について聞かれると「恋愛禁止ですとは言うつもりはないし。時の流れに身を任せるじゃないけど、皆さんに応援される恋愛をしたいです」と語った。

恋愛関連が発端で騒動になったベッキーが、復帰早々「恋愛」について語る姿を目にした視聴者は何を思ったのだろうか。

視聴者の感想




北海道からはじ○TV(はじまるティービー)

ベッキーと千原ジュニアが北海道発信の情報を伝える新番組が1月15日から始まった。

番組名は「北海道からはじ○TV(はじまるティービー)」。

番組冒頭から千原ジュニアさんに何してんねん?もうええの?と質問。

それに対して「もうオッケーでしょ」と涼しい顔をして答えたベッキー。

このベッキーの態度に不快感を表す視聴者もいたが、これは好感度をあえて下げていくベッキーサイドの戦略だろう。

好感度が高すぎたために、そのギャップでより嫌われることになったベッキーなので、その点を踏まえて2017年は好感度を下げるマーケティング戦略がとられるだろう。

「イッテQ!」にも復帰の可能性

2016年11月20日に放送された『世界の果てまでイッテQ!』にも復帰を暗示させる出来事があり、復帰は時間の問題と言われている。

なぜなら、番組内のある場面で、番組出演者(イッテQメンバー)の写真がズラリと並んだ中にベッキーの顔が映し出されたからだ。

なぜTVにスピード復帰できたのか

復帰前は、TVの復帰にはかなりの時間を要すと言われたベッキーだが、意外にもあっさりTV復帰しているベッキー。

「なぜ?」という疑問を持つ視聴者が多いようだが、スピード復帰の理由はまだ明らかになっていない。

復帰に反対の声

前述のTwitterでもつぶやかれいる通り、ベッキーの復帰に対して反対するという声も意外に多くみられる。

復帰を応援する声と、反対する声が半々といったところだろうか。

CMスポンサー企業の考えは?

TVの収益源はCMがすべてなため、スポンサー企業がベッキーを起用してもOKということになれば、ベッキーはこれからも問題なく活動していくだろう。

TV番組復帰前も、背中を見せた新聞広告に起用されたり、LINEのCMに起用されたりしているところを見ると、スポンサー企業はベッキーに対して前向きな考えでいるのではないだろうか。

ただ、スポンサー企業への苦情があまりにも多い場合は、降板という可能性もなくなはない。

たとえば、フリーアナウンサーの長谷川豊はブログで炎上し、2016年に9本あったレギュラー番組を一瞬ですべて降板になったという例もある。

これは、スポンサー企業に直接苦情が殺到したためだ。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

総括

賛否両論の多いベッキーだが、今後はTVに完全復帰して、バラエティー番組で問題なく活動していくことが濃厚とみられる。

ただ、ベッキーのことが嫌いだったり、「ウザい」と思う視聴者も多くいるのは事実だろう。

そのため、出演するたびに「炎上」する気配が漂っている。

 

【あなたにおすすめの記事】

【ゲス】マギー 横山健の二股騒動をもみ消して炎上「嫌いすぎる、TVに出すな」の辛辣批判

松本人志が最近つまらないし嫌い「ワイドナショーのコメント面白くない」の声多数。原因は結婚か

ヒロミが嫌い「コメントがつまらない。偉そうな態度がウザいしムカつく」の声

マギーが嫌い 不倫後謝罪なし「性格悪すぎでムカつく」の声多く、大炎上。ヒルナンデス降板へ

りゅうちぇる嫌いが多い原因は裏の性格に問題ありか。「ムカつく」の声多数で囁かれる引退説

 - 嫌いな芸能人